妊娠6ヶ月の腰痛は女性にしかわからない

公開日: : 腰痛の原因いろいろ

妊娠6ヶ月の時

妊婦が妊娠半年め(妊娠第20週~23週)を迎える頃は、腰痛を伴う事があります。この腰痛は女性にしか分からない痛みのものです。

しかし、なぜ妊娠時に腰痛が起こってしまうのでしょうか?

これは実は、妊娠による女性ホルモンのバランスの乱れが原因して、腰痛を引き起こすのです。

そのため、月経時の腰痛のように、女性特有の腰痛となります。

また、妊婦でも椎間板ヘルニアにかかる人もいるので、医師に腰痛の症状について相談する事も大切です。

妊娠時の腰痛を緩和させるために

妊娠6ヶ月の腰痛はしょうがないと分かっていても、痛いものはやはり少しでも緩和させていきたいものです。

妊娠時の腰痛を少しでも和らげるには、妊婦がどんな点に気を付ければいいのでしょうか。

まず、座る時の姿勢です。

大きなお腹を抱えている事からも、座って休む時が多い妊婦ですが、座っている時に、反り返ったような姿勢でいると、余計に腰に負担がかかってしまいます。

腰痛を患っていない時でも、妊婦は反るような無理な姿勢は良くありません。

背筋を伸ばしている事自体は、腰にとって良いものですが、反り返ったような姿勢はかえって腰を痛めてしまうのです。

立っている時に姿勢も見直してみましょう。

大きなお腹の重さに負けないように、反り返った姿勢で立っている妊婦の方は意外と多いものです。

ご自分もそのような傾向がないか、確認してみましょう。

妊娠時の腰痛にいいこと

妊娠は6ヶ月に腰痛を患う方が多く、それがストレスになってしまう方もいます。

腰痛はストレッチで和らげる事もできますので、ご自宅で軽く行ってみるといいでしょう。

また、長時間の立ち仕事などは腰に負担を与えてしまうので、家の中で立ち仕事をする時でも、適度に座って休む時間を設けるなどして、「座る」事を心掛けて下さい。

特に洗い物、掃除機などをかける機会が多いと思うので、こまめに休むようにしましょう。

関連記事

no image

腰痛で片側だけが痛いとき

片側の腰が痛い時 腰痛をお持ちの方の中には、腰全体が痛いのではなく、右もしくは左だけの腰が痛い

記事を読む

no image

生理前と生理中の腰痛の原因

生理特有の症状 女性に毎月訪れる生理。この生理前や生理中の時は、個人差はあるものの、生理時特有の症

記事を読む

no image

生理前と生理中の腰痛の原因

生理特有の症状 女性に毎月訪れる生理。 この生理前や生理中の時は、個人差はあるものの、生理時特有

記事を読む

no image

腰痛で4番5番(頚椎の)が原因と言われた

腰痛で痛む部分 腰痛を患う方は多いですが、腰痛患者の原因や腰痛を生じている部分や、腰椎のタイプもそ

記事を読む

no image

腰痛が1ヶ月に及ぶときの治療法

腰痛はどうしてなるのか 腰痛で悩まされている方は、非常に多いものです。 腰の痛み全般に「腰痛

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
生理前と生理中の腰痛の原因

生理特有の症状 女性に毎月訪れる生理。 この生理前や生理中の時は、

no image
腰痛で4番5番(頚椎の)が原因と言われた

腰痛で痛む部分 腰痛を患う方は多いですが、腰痛患者の原因や腰痛を生じ

no image
腰痛が1ヶ月に及ぶときの治療法

腰痛はどうしてなるのか 腰痛で悩まされている方は、非常に多いものです

no image
2800万人の腰痛患者とメディアで注目

厚生労働省の調べでわかった事 腰痛に悩まされている腰痛患者は、全国で

no image
生理前と生理中の腰痛の原因

生理特有の症状 女性に毎月訪れる生理。この生理前や生理中の時は、個人

→もっと見る

PAGE TOP ↑